×

CATEGORY

HOME»  ブランド食器»  ヘレンド ロスチャイルドバード ブルースケール モカカップアンドソーサー 35%OFF

ヘレンド ロスチャイルドバード ブルースケール モカカップアンドソーサー 35%OFF

ヘレンド ロスチャイルドバード ブルースケール モカカップアンドソーサー35%OFF
 


【SALE 35%OFF】
 ヘレンド 
「モカカップ&ソーサー(ロスチャイルドバードブルースケール)



 



 




 



 



 


▲カップ裏にはのロゴの記載入り。
 



 

 

 

  • ヘレンド ロスチャイルドバード ブルースケール モカカップアンドソーサー 35%OFF

  • 販売価格

    38,610円(税込)

  • 会員価格

    34,741円(税込)

  • 定 価

    59,400円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

  •  
    口径 9cm
    高さ 5cm
    直径(ソーサー) 13.5cm
    材質 磁器
    生産国
    Made in Hungary

     

  • ヘレンド (ハンガリー)
      1826年に創業した、東ヨーロッパでは伝統ある窯である。今はハンガリーであるが、当時はオーストリアの統治下にあって、ハプスブルグ家オーストリアのフランツ・ヨーゼフ皇帝の保護の下にあった。他のウィーンの窯などと同様に、宮廷の豪華さの反映がある。しかし、そのスタートはナポレオン戦争が全ヨーロッパを混乱にまきこんだ18世紀末から19世紀初期、そしてそれがようやく終了した頃のことでもあった。フランス皇帝のナポレオンとオーストリアの皇帝の娘マリー・ルイズとが結婚したこともあって、パリのシノアズリーはここ東ヨーロッパにも深く影を落としている。 特にヘレンド窯の特徴は、中国文様がここでは多く描かれたことである。しかも、すでに染付の白地に藍のみではなく、艶やかな色づかい、細密画風の筆づかいがある。これも、十七世紀以来の全ヨーロッパにひろがったシノアズリーもその時代時代によって変化していったことの現れである。1850年ロスチャイルド家はこの窯にディナー用のフル・セットを注文し、今も使用されている。1851年ロンドンの第1回万国博覧会でビクトリア女王の目にとまり、ウィンザー城の使用食器の注文を受けるなどし、世界的にも有名となった。

関連商品

CONTENTS

CATEGORY